So-net無料ブログ作成

南へ・その3 [旅の記録]

 ゴールドコーストで快適に過ごしたいならレンタカーを借りるべし。今回はハーツで。車種はカローラでした。

CIMG9281.jpg
     

 左側通行なのでハワイ島以上に楽チン。ここは100キロ北にあるブリスベーンと違って支払いが面倒な高速がないので、ラウンドアバウト(ロータリー)のこつだけ飲み込んでおけばまず問題ないかと思います。

CIMG9293.jpg
         

 シドニー以上に暖かく、もはや夏。海で泳いでいる人もいました。ただ、夜はやはり少し寒いので、トレーナーぐらいはあった方がいいかも。

CIMG9305.jpg
        

 宿泊したコンドミニアム。オフシーズンのためか、こんなに広々としていても1万円ぐらいでした。

CIMG9309.jpg
       

 海がすぐそば!

 この日は中心地のサーファーズパラダイスをざっと見るだけに留め、翌日コアラを見に行くことに。ちなみにサーファーズパラダイスでは、水曜と金曜だかにナイトマーケットが開かれていて、日本の夜店とはひと味違った雰囲気が楽しめるので要チェック。

 コアラが見られる場所はいくつかありますが、訪れたのは空港近くにあるカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ。

 数々のアトラクションやアクティビティーがあるなか、誰もが楽しめるという意味では一番のおすすめです。詳細は省きますが、コアラ以外にも、

CIMG9379.jpg

         
 大きなトカゲが黄昏れていたり、

CIMG9398.jpg
      

 タスマニアデビルがウサギ目?状態で寝ていたり、

CIMG94291.jpg
       

 赤ちゃんワニと撮影できたり、

CIMG9439.jpg
        

 いたるところでカンガルーが寝そべっていたりします。

 カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリの次は、内陸へ約1時間の場所にあるナチュラルブリッジへ。

CIMG9483.jpg

          
 とにかく景色が良くて、気候も穏やか。老後に海外移住するならココというくらい気に入りました。ハワイ以上かも。

 ナチュラルブリッジは土ボタルで有名な場所です。駐車場から森の中に入り、10分ほど下って行くと洞窟が見えてきます。

CIMG9509.jpg
      

 これがその洞窟。この左手から中に入れるようになっていて、日が暮れると天井が点々と青く光り始めます。土ボタルはホタルではなくて、グローワームと呼ばれるヒカリキノコバエの幼虫なんだとか。

 感想はというと、確かに神秘的ではあるけど…なんだかLEDみたい。プラネタリウムの方がいいかも。。。

 もっとも、おすすめかそうじゃないかでいえば、間違いなくおすすめ。なぜなら往復100キロのドライブを楽しめるうえに、夜までいれば美しい星がみられるから。ちょうどこの時期は9時ごろに射手座や蠍座が天頂付近にあって、積乱雲のようなモコモコっとした天の川が真上に拝めます。

 残念ながら、この日の空は完全には澄み切っておらず、市内の明かりも影響していたのか、若いころにヨセミテで見たほど多くの星は見えませんでしたが、春の星座である南十字座もまだ高い位置にあってはっきり見えました。

 よく考えてみると、南半球は初めて。ふだんは感度の鈍い山の神も、南天の星空に感動してくれたようで何よりでした。

 山の神は仕事があるのでこの日が最終日。当方だけ居残り、1日遅れで帰国することにしました。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。