So-net無料ブログ作成

ハチマルミーティングへ [車]

 ヤングマン、さあ立ち上がれよ~♪ 
 
 と、ヤングでもないのに誰かに起こされ、時計をみるとすでに10時。
 
 やべえ!
 
 同じくおねむ状態の山の神は「もう間に合わないわよ」と布団の中からつれない返事。
 
 いやいや、今年こそ何としてでも行きたいんだってば!ハチマルミーティングに。
 
 今年は例年以上に慌ただしく、旧車イベントどころか車にすらほとんど縁がないまま。あっという間に春夏秋と駆け抜け~♪てしまったので、行きたい気持ちが募りに募っていたのでした。
 
 裏切りの言葉に~故郷を離れわずかな望みを~求めさすらう俺なのさ~♪といいつつ、さらにしばらく山の神の準備を待つことに。ちょっと~おひとよしがいい~♪と思ってるわけじゃありませんが。
 
 調布インターから高速に乗り、中央フリーウェイ~♪をかっ飛ばします。幸い会場は昨年までの浜松ではなく、富士スピードウェイ。ここなら中央道から行きやすいのでラッキーでした。これまで何度も行く手を阻み、引き返させてきた渋滞もほとんどなし。午後3時までと終了時間の早いイベントですが、何とか駈け込めそうです。
 
CIMG0004.jpg
         
 大月インターから河口湖線に入ると、曇りガラスの向こうに富士山が。久々に見たけどやっぱすごい山だわ。世界遺産登録万歳!
 
 富士の裾野ではすっかり木々が色づいていました。風立ちぬ~今は秋~♪
         
富士スピードウェイ.jpg
          
 ようこそ~ここへ~♪と迎えてくれた富士スピードウェイ。実は初めてだったりして。当日はポルシェのGT3カップを開催中でした。爆音がすきっ腹にこたえるけど時間もないし、早めに帰らないと大渋滞の発生は必至なのでぐっとこらえよう、
 
 と思ったら、
 
 あ~、このひと富士スピードウェイ名物の焼きそば食ってる~!
 
 私は私よ関係ないわ~♪という面つきが何ともこ憎らしい。「少女」じゃねえし。
 
 「焼きそばはあんまりうまくないらしいから寿司食いねえ~」(寿司あったっけ?)といっても聞く耳持たず。悪女になるなら月夜はおよしよ~♪
         
スープラ.jpg
          
 じれったい~じれったい~♪とさんざん待たされましたが、メーンスタンド前にいたこのスープラをみてすっかりご機嫌に。どこのエアロだろ?重厚感たっぷりです。
                                              
3代目セリカ.jpg
                    
 会場にはハチマル車がずらり。参加費4500円とけしてお安くないのに500台も集まったとか。無料で見ようとしている自分が恥ずかしい。
 
 新車と見まがうほどコンディションが良好な個体もチラホラ。この3代目セリカ、無茶苦茶きれいでした。
             
4代目セリカ.jpg     
                   
 
 この4代目もきれいかったなあ。
 
 おじさんは、車にまったく興味がなく、オタクっぽいギャラリーを不思議そうに観察していた山の神ではなく、赤いコンバーチブルからドアを開けずに飛び降りそうなアイドルと結婚したかったよ…
                             
初代ソアラ.jpg
                   
 アンリミテッドさんの初代ソアラ。ようやく生で見ることができました。6Mにソレックスの組み合わせ。どんな乗り味なんでしょうねえ。しっかし思ってた以上にきれいだわ。ほしいけどかなり高そう。100%片思いに終わりそうです。
           
N360.jpg
             
 N360。グリル形状からすると前期型かな。いいんですよ、70年代の車(曲)が混じっていても。懐かしければいいんです。時間旅行が~心の傷を~なぜかしら~埋めていく不思議な道~♪
            
R30の1.jpg
             
 R30といえばツートンカラーですが、単色もかなりそそられます。
 
 そういえばこれとまったく同じプルバックカー持ってたな~。貴重だったのにどっかいっちゃったな~。懐かしい~痛みだわ~♪
          
R30スカイライン.jpg
              
 ザ・ベストテン的にいえば、9999点の最高得点で第1位だったのがこの鉄仮面。RSは鉄仮面よりグリルありの前期型の方が好きですが、赤黒ではなく赤銀なのが素晴らしい。みんカラのブログ、いつも楽しく拝見しておりますm(..)m
         
R30のインパネ.jpg
             
 R30で外観以上に好きなのが内装、特にエアコンパネル周りです。金属的で機能美にあふれていて、この部分だけならあらゆる車の中で一番好きかも。赤黒のシートもポイント高いです。我がソアラのシートを、このほんの少し色褪せたように見える赤色で、エクセーヌの生地にしてみたい。
 
 しっかし、この状態!もしも願いがかなうなら~♪ソアラとこの車を二台持ちしたい。でも状態のいい鉄仮面はもう出てこないだろうなあ。
           
ピアッツァ.jpg
          
 内装といえば、久々に見たピアッツァのインパネ。ザ・80年代という感じです。
                                                 
エアロホイール.jpg
              
 やはりいました。今やほとんど見なくなったエアロホイールです。ソアラにも一度履かせてみたいんですが。16~17インチでないかなあ。ないだろうな~。せ~つない片想い~♪
       
ルーチェ.jpg
         
 会場ではソアラとR30スカイラインが目立つ一方、見たいと思っていたCR-X、初代プレリュード、SA-22Cあたりがいなかったのがちと残念でした。どうやら渋滞を考えて早めに帰った方もいたようです。でもこのルーチェのように、超希少車もチラホラ。孤独に耐え、ここまで維持してきた心意気に乾杯~♪
 
パルサーエクサ.jpg
      
 これはエクサのキャノピーかな。オリジナリティーがあって素敵です。確かFDにも同じようなパーツがあったなあ。こんなの見せられたらおじさんは年齢を忘れて無邪気に踊ってみせるよ~             
                  クレスタ.jpg
     
 今回のイベントで最も見たかったのが、何といっても「トヨタ三兄弟」。区別をつけるのが難しいけど、君ばかりをみてきたから分かるつもりさ~♪特にロンシャンを履いた車に興味津々でした。
 
 欲を言えば、非の打ちどころのないコンディションレベルの車をみたかった。こういう車は全身ピカピカで乗りこなしたいですからね。君だけに巡り合うために来たのに~。
 
 もっとじっくり眺めていたかったのですが、これで時間切れ。我がニーマルはというと…見られませんでした。ソアラ乗りの皆様方にもお久しぶ~り~ね~♪とごあいさつできず。恋人よ~さようなら~♪
 
 暮れなずむサーキットを後にして、中央道に入ると早くも渋滞状態。しかも先に進むほど長くなるという。これは長い夜になりそうだわ。でもハチマル車たちのおかげでいい気分になっているので大丈夫。わたし待~つ~わいつまでも待~つ~わ~

 といいつつ、帰り着くころにはクッタクタだったりして。さあ~眠りなさい~♪と聖母たちのララバイが聞こえてきましたとさ(いつも以上に手抜きで失礼!)
 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。