So-net無料ブログ作成

チラリズムの魅力 [その他]

 あけましておめでとうございます。今年も気力と体力の続く限り、マメな更新を心がけますので、よろしくお願いいたします。また、これからも長文が多いかと思いますが、何卒ご容赦ください。(長文の場合はブラウザの文字を「大」にしてください!)
     ◇ ◇ ◇ ◇

 今回のお題は「チラリズム」。「まだ3回目なのに、いきなりエロネタかよ」と思われるかもしれないが、そうではない。

 このチラリズムという言葉、もともと剣劇芝居で知られる女優の浅香光代さんが「生みの親」という事実をご存知だろうか。立ち回りの際に露になる太ももがエロティックだったことから、ある新聞記者が例えたのだ。言葉はすぐに広がり、1951年の流行語になった。肌を露出することがタブー視されていた当時の風潮を的確に反映していたことも、言葉を広めたのだろう。

 だが、「見えそうで見えない」ことに対して人が魅力を感じるのは、何も性に限らない(むしろ性のチラリズムは廃れる一方だ)。世の中には、いろんなチラリズムを追いかけている人々が存在する。

 その中に、「富士山ハンター」がいる。富士山ハンターとは、「できるだけ遠くから、あるいは難しい場所から富士山を見ることに血道を上げている人」、とでもいえばいいだろうか。

 富士山は、標高3776メートルで、周囲に高い山がない独立峰。このため、北は福島県から西は和歌山県まで、広範囲で視界にとらえられる。しかし、当然ながら、遠方であるほど雲や水蒸気に遮られてしまい、見られる確率は低い。富士山ハンターは、より遠くから富士山をとらえ、写真に収めることに、普通の人では考えられないほどの情熱を傾けている。遠方から見るとなると、おのずと高い山の上になってしまう。条件の良いのは、空気の澄んだ冬の早朝か、台風一過の晴れた日ぐらいしかなく、かなりの体力と根気が要る。撮影技術も必要だ。

 詳細はこのサイト(http://folomy.jp/fyamap/)を見ていただけるとありがたいが、主だったスポットには、和歌山県の妙法山(標高749メートル、富士山からの距離322・6キロ)、東京都の八丈島(東山、同701メートル、271キロ)などがある。

 最遠方は、妙法山の北西5キロにある小麦峠(900メートル)で、距離は322・9キロ。2001年に、2人のハンターの方が撮影した。海面から立ち上る水蒸気が視界を遮る八丈島からは、06年12月になって、ようやく撮影に成功している。島で最も遠い場所からの写真ではないが、同月大みそかの「読売新聞」都民版に掲載された。

 遠くから富士山を見るといっても、ひと昔前まではどこが最遠かすら、分かっていなかった。それが可能になったのは、DAN杉本さんが開発したソフト「カシミール」によるところが大きい。このソフトのおかげで、富士の見える範囲を地図上に示す「富士山可視マップ」ができ、どこから富士山が見えるか容易に把握できるようになった。

 ちなみに、カシミールには、ほかにもいろいろな楽しみ方がある。詳細はDAN杉本さんのサイト(http://www.kashmir3d.com/)を見てほしい。このサイト(http://www.geocities.jp/borg1701/kash.htm)もオススメだ。

 ともかく、主だった場所からの写真はだいぶそろいつつある。一方、分かっていないことがまだまだ多いみたい。というのも、地平線付近では大気のレンズ効果が働き、地平線下に隠れた山やビルでも見えることがあるからだ。

 それに、見えると判断されている場所でも、写真がない場所が少なくない。計算上の北限にあたる福島県の花塚山(標高918メートル、308キロ)は、その1つだ。

 特に管理人が知りたいのは、「富士山は京都から見えるのか?」。前出のサイトによると、京都府内にある「三国岳」の南西(913メートル、269キロ)から見えるようだ。地図で調べると、京都市北部に「三国岳」が2カ所あり、そのうち南東の「さんごくだけ」と呼ばれている方が、この山と思われる。

 自分はこの山を見たことも、登ったこともない。ここから近い大原あたりの景色から想像すると、京都市内といっても、かなり奥まった場所のようだ。参考までに、京都市役所に勤める友人に聞いてみると、京都から富士山が見えることは知らないという。かなり博識な彼がそう言うのだから、京都府民のほとんどは知らないのだろう。  

 理論上は見えても、実際は雲などでとても見えそうにない。でも古都から富士が見えるなんて、何とも夢のある話ではないか。京都在住の方は、ぜひトライしていただきたい。

 チラリズムといえば、もう1つ思いつくことがある。先日、所用で宮崎の田舎に帰省した際、長年の夢をかなえたいと思い、友人に無理を言って、県南端の都井岬へ連れて行ってもらった。

 都井岬は野生馬が生息していることで有名なのだが、目的は馬ではなく、星。全天の恒星のうち、太陽とおおいぬ座のシリウスに次いで明るい、りゅうこつ座のカノープスを見たかったのだ。

 カノープスは南緯51度40分にあり、日本からは低すぎてかなり見ずらい。北緯36度の東京では、南中時でも2度程度の高さ。北緯31度50分程度の宮崎市ですら、6度と少ししか昇らない。そこで、宮崎市内の実家からは南方面の空が明るく、見えないと判断。都井岬ならばと、友人に車を出してもらった。

 結果はというと、残念ながら見られなかった。それこそ降るような星空で、遠く種子島の光(と思われる)が見えるなど、条件は抜群だった。が、12月初めで、南中時間は午前1時。強烈に冷たい風が吹いていたこともあり、待ちきれなかったのだ。カノープスは、長寿星ともいわれる。友人と「長生きできたのに残念だったね」などと慰めあいつつ、宮崎市へ引き上げた。夜にもかかわらず、路傍で休む野生馬を見られたのは良かった。

 70キロほどの道のりを走り、12時ごろに宮崎市へ帰り着いた。すると、家の近くの農道を走っている最中のこと。繁華街方面の南の空に、はっきりと赤い星が見えるではないか。意外と高いところに2等星くらいの明るさで輝いていた。シリウスとの位置関係から、まぎれもなくカノープスと分かった。

 よくよく考えてみれば、この星は子供のころに何度も見た星と同じだ。カノープスが宮崎から見られることは知っていたとはいえ、見えにくいイメージがあまりに強すぎ、そんなに簡単に見えるとは思っていなかったのだ。取り越し苦労、ということになるが、長生きできる?と分かって、ほっとした。

 ちなみに、理論上は福島県が北限とされるカノープスは、例のレンズ効果も加わって、山形県の月山からも観測実績がある。はたしてこれが北限なのか。京都からの富士山観測とともに、トライしていただける方を待ちたい


タグ:富士山 京都
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。